公正な事業慣行

 公正な事業慣行について、わたしたちは、「持続可能な社会の発展」を共通の目的として、取組先と良好なパートナーシップを構築するとともに、事業活動を通じた社会的な責任を果たしてまいります。

公正で透明な取引のために

 取組先の皆様の良きパートナーとして、公正・透明な商取引と安定した信頼関係を築くため、2004年7月に「独占禁止法遵守プログラム」を制定、2010年には改訂を行いました。
 これに基づき、法務室が営業部門と購買部を対象に勉強会を実施。さらに購買部では、購買調達に関わる外部セミナーなどにも参加し、知識の習得に努めています。
 また、年1回、国内マンダムグループの全部門で実施している考働規範教育では、調達活動や営業活動に関する各種指針などの読み合わせを行い、社員への浸透を図っています。

参考:調達活動指針
参考:営業活動指針

 なお、マンダムグループでは、2007年9月から、ヘルプラインシステムをマンダムグループ各社のお取引先さまにもご利用いただけるよう対象拡大を行っています。詳しくは以下をご参考下さい。

参考:ヘルプラインシステム

CSR調達体制の構築と運用を目指して

 わたしたちは、CSR重要課題の一つとして、「CSR調達体制の構築と運用」を掲げ、「調達先CSRガイドライン」の策定とサプライヤーさまへの協力要請によるCSR調達体制の構築と運用に取り組んでまいります。
 グローバル化が急速に進む時代の変遷とともに、社会・環境課題は、ますます多様化し、複雑化しています。わたしたちは、現在、「調達活動指針」に基づいて考働を行っていますが、今後の新たな社会・環境課題の発生に対する予防やリスクの回避、「多様で幅広いステークホルダーからの期待や要請」に応え続けるためには、調達活動指針の継続的な改善や見直しなどによる運用の強化が必要です。
 公正で透明な取引を徹底することはもちろんですが、今後もサプライヤーさまへの協力要請を行いながら、「人権」、「労働慣行」、「環境」などの課題の側面にも配慮したデューディリジェンスの実施など、持続可能なCSR調達体制の構築に努めてまいります。

参考:調達活動指針

インドネシアでの現地医療法人企業との取り組み

 マンダムインドネシアは、2014年12月のハンドサニタイザー、2015年4月の女性向け衛生用品の発売を皮切りに、ヘルミナ社(Hermina Hospital Group)との共同取り組みを開始しました。
 ヘルミナ社は、インドネシア国のジャワ島とスマトラ島で展開している現地大手の医療法人企業であり、今後も、カリマンタン島やスラウェシ島など他のエリアへの積極的な展開を予定しています。
 共同開発されたこのシリーズ商品は、ヘルミナ社が経営する系列の病院のみでなく、近代市場の量販店などでも展開を開始しています。
 ヘルミナ社の現地での高い知名度や信頼性とマンダムインドネシアの技術や流通網とのコラボレーションは、今後、同国での衛生用品市場と公衆衛生環境のさらなる発展にお役立ちできるものと信じています。