よくある質問・お問い合わせ

髪と肌の豆知識

ヘアカラー

2種類の色のヘアカラーを混ぜて使うと中間の色合いの髪色になりますか?

現在市販されているヘアカラーには実に多くの色のバリエーションがありますが、これらのヘアカラーの色は何種類もの染料を複雑に組み合わせることによって作られています。

そのため、ヘアカラーの場合は絵の具のように「赤+黄色=オレンジ色」といった簡単な色の足し算というわけにはいかず、二種類の色のヘアカラー剤を混ぜ合わせても、染料の組み合わせによっては中間の色合いではなくまったく別の色に発色してしまう場合があります。

例えば、ピンク系のヘアカラーとゴールド系のヘアカラーを混ぜ合わせた場合、髪色は「ピンクゴールド」に仕上がるかというとそうではなく、結果的に「茶色を帯びたゴールド」に発色してしまうことがあります。

また、色の仕上がり以外の問題として、異なるヘアカラー剤を混ぜ合わせることで熱が異常に発生したり、液の粘度が低下して垂れやすくなる場合がありとても危険です。

 

市販のヘアカラー剤を混ぜて使用することは絶対にせず、
ヘアカラー剤は単独でご使用いただけるようお願いします。