社長ご挨拶

 マンダムは、創業から80年以上の歴史の中で二度の経営危機を経験し、その危機を乗り越える過程で、企業の原点である創業の精神と、マンダムの使命および存在意義を見つめ直しました。
 そこで得たものの一つが、社員が創造性を発揮して商品という価値を生み出し、その価値を一人でも多くの方に認めていただくことでした。
その思いを端的に表現したのが「生活者へのお役立ち」であり、これを心に刻んで事業活動することで、社内に「お役立ち精神」が醸成されていきました。
 そして時間の経過とともに、「生活者へのお役立ち」を起点とする「お役立ち精神」は事業活動を通じて大きく2つの方向へ広がり始めました。
 まず一つは、「生活者へのお役立ち」を実現するためには、事業活動を営むうえで関係する方々にお役立ちしなければ、「生活者へのお役立ち」が実現できないという、「お役立ち精神」の対象者の広がりです。もう一つは、商品と生活者の接点によるお役立ちに止まらず、マンダムの事業活動と生活者が接するさまざまな機会を活かしてお役に立ちたいという、「お役立ち精神」の接点の広がりです。
 このようにマンダムの「お役立ち精神」の広がりをはじめ、マンダムに期待される社会的責任の拡大や、生活者のモノづくりに対する要求の多様化・高度化を踏まえ、社会的常識にそった良識ある行動を「誠実に、徹底的に」推進するために、企業理念を基本に、日々の事業活動のなかで、その精神に沿って行動してまいります。これからも、変わらぬご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

代表取締役 社長執行役員
西村 元延

西村 元延