トップメッセージ

社会のなかで、存在価値のある企業となるために自らを進化させます

 当社は、おかげさまで2017年12月23日をもちまして、創業90周年を迎えます。これもひとえに、皆さまの温かいご厚情の賜物と心より深く御礼申し上げます。

 わたしたちは、創業以来90年間、先人達から受け継いできた精神を礎にして、「生活者へのお役立ち」を追求してまいりました。しかし今、世界は激動、激変の時代を迎えています。技術の進歩は指数関数的な速さで進み、10年に1度と言われるような変化が、毎年のように起こっています。このような不確実性が高まるなか、これまでの積み重ねや、やり方だけでは未来を見出すことが難しくなってきました。
 そこで、次の100周年、さらにその先の未来において、わたしたちが社会で必要とされる企業であるために、この90周年という節目の年に、「使命」である「企業理念」を見直し、また、過去の積み上げにはとらわれない未来志向の新しい「夢」、すなわち「ビジョン」を策定いたしました。

参考: マンダムグループ企業理念体系

 「企業理念」においては、企業活動の原点に立ち返り、先人達が創り上げてきたマンダムの存在意義をさらに突き詰め、そして進化させ、新たに「人間系」という考え方を根幹に据えて、新しく生まれ変わらせました。
 押し寄せるデジタル化の波や発達し続けるAIなどが当たり前の時代。だからこそ、人間にしか成しえないこと、すなわち、人の気持ちを思いやる心を持ち、人が喜ぶことを想像し、人に役立つ価値を創造していくことを「人間系」という言葉で表現し、これを尊重する企業でありたいと考えています。
 「ビジョン」においては、100周年にあたる2027年でのありたい姿、心から目指したいと思える未来像を「ビジョン」として明文化しました。夢には人の情熱をかき立て、不可能を可能にする力があります。この夢を原動力にして、未来志向でバックキャストし、絶えずチャレンジ・チェンジ・イノベーションを実践しながら未来にむけて邁進したいと思います。

 マンダムグループは、新たな企業理念とビジョンのもと、人間の感性を大切にした商品やサービスをご提供し続け、次の100周年、さらに先の未来において社会で必要とされる企業を目指し、一丸となって取り組んでまいります。

アジアでの生きた経験を礎に世界の人々とともに歩むグローバル展開

 マンダムは早期からアジアで広く事業を展開させていただいていますが、歴史・宗教・文化が実に多様なこの地域で、それらを尊重し最大限理解した上で、ビジネスを展開することの大切さを学んできました。今後、海外のウエイトが高まるなかで、わたしたちの社会的責任はますます大きくなり、国や世代を超えて、より多くの生活者の皆さまのウォンツに応えていかなくてはなりません。期待される量も質も急速に変化してきています。それに対応できるだけの体制をつくっていかなくてはならないと考えています。
 また、商品・サービスのご提供のみならず、雇用の側面も海外におけるわたしたちの重要な社会的責任です。マンダムグループで働くことを通じて、人間として成長する場を提供することは非常に重要だと思います。
 これからも世界中の生活者の皆さまとともに、単に商品を売るということではなく、わたしたちのビジネスを通じてさまざまな形で各地域の持続可能な発展に貢献していく企業を目指していきたいと思います。

創業以来、大切にし続けてきた企業市民としての社会的責任

 わたしたちは、90年の歩みのなかで、経済的視点だけに重点を置いた事業は成り立たないことを学び、企業市民としての社会性をバランス良く持ち得た企業を目指してきました。企業として時代時代を生き抜いていくダイナミズムは持たねばなりませんが、生活者とともに社会生活を送る人間性を大切にしなくてはなりません。それは「絶えず社会に対して正直であれ。身の丈であれ。」ということです。特に、商品を通じて幸せを提供するわたしたちにとっては、絶対に変えてはいけない志だと思います。
 「ESG投資」など、投資家の皆さまから「環境・社会・ガバナンス」への対応が期待・要請される時代を迎え、企業経営においてCSR活動はますます重要度を増しています。当社のCSR推進委員会においても、事業活動を通じて社会・環境問題の解決にむけた社会的コストを負担しながら、そのなかで利益を出していくことを再確認いたしました。
 これからも生活者とともに、わたしたちのビジネスを通じて、社員も含めたあらゆる人たちが、アジアの多様性のなかで国籍や年齢などを超えて、活躍し続ける社会の実現と企業の成長を目指したいと思います。

 皆さまにおかれましては、引き続きこれまでと変わらぬご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役 社長執行役員
西村 元延