トップメッセージ

 皆さまには、平素より格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
 2015年3月期よりスタートした第11次中期3カ年計画(MP-11)は、「アジアにおける成長加速と新規事業開拓の推進のための中期3ヶ年経営計画」と位置付け、「収益性の向上」、「安定的かつ高水準な株主還元の継続」に配慮しつつ、売上規模の拡大を目指してまいりました。そして、戦略テーマとして「コア事業である男性グルーミング事業の安定成長」、「女性コスメティック事業の展開強化」、「アジアを成長エンジンとした海外事業の継続強化」に取り組んでおります。
 当期はその最終年度にあたり、上半期において売上高は、海外子会社において円高による円換算額の減少があったものの、コア・ブランドである「ギャツビー」が堅調に推移し、女性コスメティックブランドの「ビフェスタ」は国内外で好調に実績を伸長し増収となりました。利益面では、国内では積極的にマーケティング費用を投下したものの、海外における販売費の減少もあり、営業利益、経常利益においては増益となり、それぞれ過去最高を更新することができました。

 当社は来期、新たな第12次中期3ヶ年経営計画(MP-12)初年度とともに、創業90周年を迎えます。
 MP-11はインドネシア子会社の事故の影響もあり、当初の売上計画やビジョンラインとのギャップが出ておりますが、次期MP-12での更なる成長につなげるためにも、まずは当期の計画達成に向けて全力で取り組んでまいる所存です。
 私たちは今後も、末永く社会からの信頼が得られ、存続していくために、それぞれの時代のスタンダードな“おしゃれ心”をくすぐる商品・サービスを提供するオピニオンリーダーとなる企業でありたいと思っています。
 そして、来年の90周年、更には100周年を見据えながら、当社が目指す“ありたい姿”を求めて生活者の方々に対するお役立ちを続けていきたいと考えています。
 皆さまにおかれましては、今後とも格別のご支援、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役 社長執行役員
西村 元延

西村 元延