mandom - 株式会社マンダム

CSR InformationCSR情報

CSR News最新CSR情報

コミュニティ参画・発展 環境や文化活動への取り組み2018.06.25

マレーシア・サラワク州「オランウータンの森」保全活動にご協力しました。

 2018年5月8日(火)、公益社団法人日本マレーシア協会さまによるマレーシア・サラワク州「オランウータンの森」保全活動への弊社の協力に対して、感謝状をいただきました。

 マレーシア・サラワク州「オランウータンの森」保全活動は、日本とマレーシアとの「国交樹立60周年」と公益社団法人日本マレーシア協会さまの創立60周年に際し、企画されたものです。
 公益社団法人日本マレーシア協会さまによると、保全活動を実施するサラワク州のセメンゴ自然保護区(740ha)は、1920年にサラワク州初の保護林として指定され、1975年にオランウータンをはじめとする野生の希少な動植物を保護するための「自然保護区」となり、現在は26頭のオランウータンが森の中に生息しながら保護されています。しかしながら、保護区の周辺における開発の影響で、周辺地域の森林劣化がみられるなど、オランウータンの生存圏の縮小が危惧されているとのことです。

 この保全活動は、自然保護区の北端に位置する「ランデ区域(約20ha)」にて、オランウータンが食するドリアンなどの果樹やフタバガキ科等在来種の苗木(目標:3,000本)を植林することで森林の多様化を図り、セメンゴ自然保護区で暮らすオランウータンの生存圏を拡大して「オランウータンの森」を保全することを目的としています。なお、現地での植林およびメンテナンス作業は、同協会さまが、サラワク州森林局や地域住民の協力を得て実施されており、植林後3年間、毎年度末に植栽木の成長状況の報告も行われるとのことです。

 今回、マンダムでは、この保全活動の主旨を理解し、ささやかながら以下のご協力をさせていただきました。

 

~実施場所~
 マレーシア・サラワク州クチン地区セメンゴ自然保護区内ランデ区域
~植林樹種・方法~
 以下の在来種の果樹を各20本、計100本を自然即応式(ラインプランディング)にて植林していただきました。
(作業期間:2018年3月末から4月初旬)

  • コパラミツ Artocarpus integer
  •  パラミツ Artocarpus heterophyllus
  •  パンノキ Artocarupus altilis
  •  ランブータン Nephelium lappaceum L.
  • クドンドン Spondias dulcis

 現地の方々やこの保全活動に参加・協力されている方々とともに、今後の植栽木の成長と保護区で暮らすオランウータンの生存圏の保全と拡大を願いたいと思います。

最新CSR情報一覧にもどる