mandom - 株式会社マンダム

アンケートへのご協力をお願いいたします。 アンケートへのご協力をお願いいたします。 アンケートへのご協力をお願いいたします。

R&D Information研究開発情報

R&D Areas研究開発分野

頭髪・頭皮は、気候や流行など生活者を取り巻く外的環境や、加齢など生活者自身の内的変化が大きく影響する分野です。

日々変化し、新たに発生する生活者のウォンツ(欲求)や悩みに応え続けるため、マンダムは生活者の視点に立ち、大胆かつ革新的な商品を開発するための研究開発に取り組んでいます。

主な研究対象は、「ヘアメイク領域(ヘアスタイリング商品、ヘアカラー商品)」と「ヘアケア領域(ヘアケア商品、スカルプケア商品)」の二本柱です。 「ヘアメイク」は、頭髪を理想のヘアスタイルや色に仕上げること、「ヘアケア」は頭髪や頭皮を清潔に保つことや、ダメージからの保護・補修によって髪本来の健やかな状態を保つことを目的にしています。

研究例 1
ヘアスタイリング

頭皮から発生する皮脂成分が、ヘアスタイルを崩す一因になっている新たな事実を発見。さらに、皮脂成分を吸着することで頭髪の崩れを防ぎ、かつスタイリング力も併せ持つパウダースタイリング成分を見出しました。これにより、同成分が毛髪同士をひっかけて整髪する新たな技術を確立。軽く自然な仕上がりと、高いキープ力の両立が実現しました。

関連リリース

頭皮のアブラが整髪性能を低下させることを発見

第3の新整髪機構を開発 「パウダーで整髪する」

研究例 2
ヘアカラー

白髪染め用のヘアカラーリンスには塩基性染料が多用されますが、多く配合すると手や顔などの皮膚も染まってしまう課題がありました。課題解決するべく原料探索を行ったところ、塩基性染料のひとつである「塩基性青 124」に「毛髪は染まり、皮膚は染まりにくい」という特性があることを突き止めました。「塩基性青 124」を応用したヘアカラーリンスでは、高い染色性を維持したまま放置時間の短縮を可能にしました。

関連リリース

染料「塩基性青124」に毛髪は染まり、皮膚は染まりにくい特性を発見 ~ヘアカラーリンス開発への応用~

研究例 3
ヘアケア

ヘアオイルにおいて、オイル(油分)と水を共存させた処方を開発。ヘアオイルは一般にほぼオイルのみで構成され、ツヤを出す美髪効果がある一方、水を配合することができず、ダメージを受け水分が不足した毛髪には対応しきれないという課題がありました。マンダムは、特殊な乳化技術を採用することにより、ヘアオイルでありながら水分補給が可能な処方を開発。オイルがもたらす美髪効果と、水がもたらすうるおい感を実現させました。