mandom - 株式会社マンダム

CSR InformationCSR情報

Mandom Group's CSR PracticeマンダムグループのCSR考働

コミュニティへの参画および発展
「教育支援の取り組み」

支援学校や施設での「身だしなみ教室」

 知的障がいのある方の自立支援の一環として、就労するにあたり社会で必要とされる“身だしなみ”を身につけていただくことを目的に、2004 年度より「身だしなみ教室」を継続的に実施しています。

 「身だしなみ教室」は知的障がいのある方を対象に開催しているため、“初めて化粧品を使用する人”を想定して、商品の開け方、使い方、しまい方、そして社会へ出て必要とされる“身だしなみ”については“おしゃれとの違い”をハッキリとお伝えし、“清潔感”をキーワードに講義を進めています。商品の使い方では、洗顔、スキンケア、寝ぐせ直し、スタイリング、ボディケア、フェイスケアについて体験学習を行い、“化粧品が持つ気持ち良さ、楽しさ”を実感していただきます。

社員が講師となり「身だしなみ」について説明


身身だしなみ教室
身身だしなみ教室

「スタイリングの体験学習」


スタイリングの体験学習
スタイリングの体験学習

 最初は緊張していた皆さんも、実際に化粧品を使用してもらいながら講義を進めていくと、表情が次第に柔らかくなり笑顔に変わっていきます。
 今後も「身だしなみ教室」を継続的に開催し、知的障がいのある方への就労支援と、化粧品を使うことによる自身の変化への喜びと自信にお役立ちできればと考えています。

支援学校:知的障がいのある子どもが「幼稚園、小学校、中学校、高等学校に準じた教育を受けること」と「学習上または生活上の困難を克服し自立が図られること」を目的とした学校。

大阪府立千里高等学校さまスーパー・グローバル・ハイスクール・プロジェクトへの協力

文部科学省では、高等学校等において、グローバル・リーダー育成に資する教育を通して、生徒の社会課題に対する関心と深い教養、コミュニケーション能力、問題解決力等の国際的素養を身に付け、もって、将来、国際的に活躍できるグローバル・リーダーの育成を図る「スーパー・グローバル・ハイスクール(SGH)」事業を平成26年度より推進しています。
わたしたちは、グローバルな人財の育成は、社会の持続可能な発展と今後のわたしたちの事業の健全な成長を支える基盤であると考え、SGH指定校である大阪府立千里高等学校さまのSGHプロジェクト「SGH秋休み企業・大学訪問研修」に協力しています。
この研修では、8-10名の生徒が実際に企業を訪問・見学し、各種CSR活動の実務を担当している社員からの講義のほか、生徒一人ひとりが研究しているテーマについての質疑応答やアドバイスなども行います。
2016年度は、海外を含めたマンダムの事業展開とCSR(企業の社会的責任)をテーマに、企業の事業活動と持続可能な社会を目指す国際社会の枠組みとの関係について講義を行いました。
参加した生徒の皆さまから、人権、ワーク・ライフ・バランス、育児や介護の制度、女性の活躍推進、海外での文化や習慣、価値観の違う人たちとの交流などについて多様な質問をいただきながら活発な意見交換を行い、受け入れ側であるわたしたちも大変勉強になりました。

参考

大阪府立千里高等学校SGHプロジェクト

2016 SGH秋休み企業・大学訪問研修 参加者レポート(マンダム)

2017 SGH秋休み企業・大学訪問研修 参加者レポート(マンダム)

2018 SGH秋休み企業・大学訪問研修 参加者レポート(マンダム)

大阪府立千里高等学校SGHプロジェクト
大阪府立千里高等学校SGHプロジェクト