mandom - 株式会社マンダム

CSR InformationCSR情報

Mandom Group's CSR PracticeマンダムグループのCSR考働

コミュニティへの参画および発展
「環境や文化活動への取り組み」

クリエイティブ活動支援

マンダムでは、新しい感性と自由な発想を持った若者のクリエイティブな活動を支援しています。

GATSBY CREATIVE AWARDS

アジアにおける技術のグローバルネットワークを広げる取り組み

 2006年より映像制作活動にチャレンジしたい学生の皆さんに対して、その成果を発表する機会を提供することで、若者のクリエイティブ活動を支援する「GATSBY CREATIVE AWARDS」。これまでに日本各地の学生をはじめ、アジア各国の学生から多数応募があり参加されています。
 最終審査会では最終ノミネート作品の各代表者・メンバーが東京に集まり、自らの作品を紹介します。審査の結果、大賞・各賞の授与を実施しています。

※「GATSBY学生CM大賞」は新たに「GATSBY CREATIVE AWARDS」として生まれ変わりました。

関西私大との「ギャツビー」広告コミュニケーション企画の審査

 大学生の頃から実地の経験を積んでいただくことが、社会に出た際の糧となるとの思いから、関西大学、関西学院大学、近畿大学、同志社大学、立命館大学の広告論ゼミの学生が合同で行う広告コミュニケーション企画の審査に2008年度より参画しています。また、大阪芸術大学放送学科のポスター制作の授業において、テーマ提示・作品審査に加わっています。

プレゼンテーション・審査会の様子


「ギャツビー」広告コミュニケーション企画の審査
「ギャツビー」広告コミュニケーション企画の審査

環境保全活動支援

釧路市阿寒タンチョウ鶴愛護会への支援

タンチョウ

タンチョウ

 日本で一番大きく美しい鳥と言われるタンチョウ。旧社名「丹頂株式会社」とヒット商品「丹頂チック」のモチーフとなったタンチョウについて、保護の給餌や監視活動を行なっている釧路市阿寒タンチョウ鶴愛護会の活動を、2006年から継続して支援しています。

スポーツ活動支援

車椅子アスリート廣道純氏への支援

 廣道純氏は、車椅子のトップアスリートです。シドニーパラリンピックでは銀メダル、アテネパラリンピックでは銅メダルを獲得されるなど活躍されています。また、国内大会における企画・運営に携わり、車椅子レースの発展にご尽力されるなど幅広い活動をされています。
 マンダムでは、廣道純氏のアスリートとしての活躍だけでなく、力強く明るいキャラクターと、前向きで積極的なライフスタイルに共感し、2006年からサポートを行なっています。

廣道純氏