mandom - 株式会社マンダム

Customer Supportお客さまサポート

Q&AQ&Aを探す

[安全性]のQ&A

パッチテストはどうやって行なうのですか?

商品の箱の中に入っている使用説明書及び注意事項をよくお読みの上、パッチテストを行ってください。
ヘアカラー剤には、クリーム剤とウォーター剤を混ぜるものや2種類のクリーム剤を混ぜるもの等、商品の特性やメーカーによって様々なタイプのものがあります。ここでは、マンダムが採用しているタイプの中の一つを紹介します。
実際に、ご使用される場合は、商品の箱の中に入っている使用説明書及び注意事項をよくお読みの上、パッチテストを行ってください。

パッチテストをするときの準備物

箱に入っているもの

1剤クリーム、2剤ウォーター

ご自分で用意していただくもの

小皿など、面貌、ティッシュペーパー

パッチテストの手順

※染毛の2日前(48時間前)には次の手順に従って毎回必ず行ってください。

  • テスト液をつくります
    • 1剤のキャップをはずし、キャップ頭部の突起でチューブに穴を開け、アズキ粒程度を小皿に出します。
      1剤をアズキ粒程度小皿に出します。
    • 次に2剤のキャップをはずし、綿棒を使って1剤と2剤を指定の割合になるように少量を小皿に出します。
      綿棒を使って1剤と2剤を指定の割合になるように少量を小皿に出します。
    • 綿棒で1剤と2剤を、しっかり混ぜ合わせます。
      ※1剤・2剤のキャップをしっかり閉めて、保存してください。
      綿棒で1剤と2剤を、しっかり混ぜ合わせます
  • テスト液を塗ります
    テスト液ができましたら、綿棒で腕の内側に10円硬貨大にうすく塗り、自然に乾燥させてください。(塗った部分が30分位しても乾かない場合は、ティッシュペーパーなどで軽くふき取ってください。)
    10円硬貨大にうすく塗り、自然に乾燥させてください。
  • 48時間放置します
    • そのまま触れずに48時間放置します。
      ※時間を必ず守ってください。
      ※パッチテストをした当日は、なるべく入浴しないでください。やむをえず入浴する場合は、パッチテストの部分をぬらしたり、こすったりしないように注意してください。
    • テスト部位の観察はテスト液塗布後30分位および48時間後の2回は必ず行ってください。そのとき塗布部に発疹、発赤、かゆみ、水疱、刺激などの皮フの異常があった場合には、手などでこすらないで直ちに洗い落とし、染毛はしないでください。途中、48時間以前であっても、同様の皮フの異常を感じた場合には、直ちにテストを中止し、テスト液を洗い落として染毛はしないでください。
  • 異常がないか確認し、毛染めをします
    48時間以内に異常がなければ、すぐに染毛してください。
    ※テストした部分はテスト後によく洗ってください。


テストの結果、異常があった場合は商品のご使用を中止してください。


関連商品

このFAQはお役にたちましたか?

この情報についてご意見等がございましたら、お聞かせください。

ご回答いただきましてありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。

※400文字以内でご入力後、送信ボタンを押してください。

※なお、このフォームにお寄せいただいたご意見への回答は行っておりません。回答をご希望の場合は、恐れ入りますが、下記お問い合わせフォームからお問い合わせ願います。

上記回答にて解決しない場合は、お客さま相談室にお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ

キーワード検索